INFORMATION

【お詫び】大比良瑞希ホームページ内のお問い合わせフォーム不具合について

【お詫び】大比良瑞希ホームページアクセスの不具合について

 

 

大比良瑞希ホームページ内のお問い合わせフォームに不具合が発生し、お受け取り出来なかったメッセージが幾つかございましたが、本日復旧作業が完了し、現在は正常に稼働しております。

皆さまにはご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

もしその期間に返信等頂けなかったという方がございましたらお手数でも再度、お問い合わせフォームの方にご連絡頂けたら幸いです。

 

皆さまには大変ご迷惑をおかけしましたこと、改めてお詫び申し上げます。

今後、同様の事象が生じないよう、再発防止と一層のサービス向上に取り組んでまいります。

引続き大比良瑞希をご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

大比良瑞希スタッフ一同

 

大比良瑞希、2022年新アーティスト写真公開と共にバンドセットでのワンマン・ライヴが3月24日に渋谷WWWで開催決定! さらに3月末の待望の3rdアルバム・リリースも発表!

2022年、大比良瑞希、新アーティスト写真、本日公開!

同時にバンドセットでのワンマン・ライヴ、 “Little Woman” ~Band Set One-man Live!を3月24日に渋谷WWWで開催することが決定!

本日よりチケット発売もスタート!

さらに約1年9ヶ月ぶり、待望の3rdアルバム『Little Woman』を3月末にリリースすることも発表!

 まるでジェフ・バックリーみたいにエレキを爪弾く弾き語りスタイルのライヴが印象的な現在進行形のシティ・ポップ、シティ・ソウルを紡ぐ次世代型シンガーソングライター、大比良瑞希!

 昨年は2月にShin Sakiuraプロデュースによる『遠回り』を、続く3月に第二弾シングル、SIRUP擁するSoulflexのメンバーでもあるシンガーのZINをコーラスに、ZINの楽曲も手掛けるギタリスト、野村帽子をプロデューサーに迎えた最新型ファンク・チューン『ダージリン』を、そして6月には第3弾、Michael Kanekoをプロデュース&ヴォーカルに迎えたサマー・チューン『HOLIDAY』を、10月には第4弾、盟友showmore井上惇志プロデュース、showmore根津まなみ作詞による、至上の愛を描き出すオルタナティヴなソウル・チューン『How many』とコロナ禍にありながら都会に生きる女性、”Woman”をテーマにした楽曲を数々の素晴らしいゲストを迎え精力的にリリースしてきた!

 そんな大比良瑞希から2022年、新年早々に素敵なお知らせが!

最近の弾き語りライヴではもはや彼女のトレードマークとなりつつあるキュートなビザールギターを携え、昨年の物憂げなモノクロームの佇まいとは打って変わり、まさに2022年、大きく躍進するであろう大比良瑞希を暗示させる溌剌とした新しいアーティスト写真の公開と共に、久々のフルバンドセットでのワンマン・ライヴ、“Little Woman” ~Band Set One-man Live!を3月24日に渋谷WWWで開催することが本日、インフォメーションされた!

 2021年はエレキギター一本での弾き語りライヴを中心としたパフォーマンスで好評を博していたが、いよいよ今年はファン垂涎のバンド・セットでのワンマン・ライヴが早くも決定!

 しかもこれまでにない新しいメンバーによるバンド編成、さらにスペシャルなゲストの参加も予定されているとの事なので見逃せないライヴになること必至!

 さらに今回のライヴのタイトルにもなっている”Little Woman“を冠した約1年9ヶ月ぶり、待望の3rdアルバム『Little Woman』を3月末にリリースすることも同時に発表!

 既にリリースされている『遠回り』『ダージリン』『HOLIDAY』『How many』をはじめ、コロナ禍の閉塞感の中で都会に生きる女性をテーマに育んだ短編小説集のごとき珠玉の名曲揃いのアルバムとなる予定!

 アルバムの詳しい内容、発売日、詳細等は後日、おって情報解禁されるとのことなので期待して待っていて欲しい。

 新しいアーティスト写真、久々のフルバンドでのワンマン・ライヴ、そして待望の3rdアルバム『Little Woman』の発売を矢継ぎ早に告知するなど、勢いづく大比良瑞希の動向から今年も一瞬たりとも目が離せない。

 

 

■大比良瑞希:アーティスト写真2022クレジット

アートデイレクション:田口陵(CIDER INC.)

カメラマン:坂本理

ヘアメイク:村上四季枝

スタイリスト:今福幸奈

■2022年3月24日(木) 大比良瑞希 “Little Woman” ~Band Set One-man Live!    

 

出演:大比良瑞希 With Special Guest (後日発表!)

 

会場:渋谷WWW

 

日時:2022年3月24日(木) 開場/18:00 開演/19:00

 

チケット:e+(先行・一般共通)
https://eplus.jp/mimimizukin-www/
※1/12(水)20:00公開・発売

ADV./DOOR(オールスタンディング)

ADV \4,000(税込/ドリンク代別)

DOOR \4,500(税込/ドリンク代別)

 

INFORMATION:

WWW  03-5458-7685

https://www-shibuya.jp

 

TBS RADIO『CITY CHILL CLUB』2022年1月のミュージックセレクターに大比良瑞希が決定!

アーティストやクリエイターがひと月ごとに曜日担当し、「CHILL」(癒し・すばらしい・かっこいい)をコンセ プトに2時間のミュージックプレイリストを作成しOAするプログラム「CITY CHILL CLUB」(月曜~金曜 27時 ~29時放送)の1月5日から26日までの毎週水曜日のミュージックセレクターに大比良瑞希が決定しました。

ぜひ、お聴きください

 

 

ON AIR: 1/ 5、12、19、26 27:00〜29:00

 

<Apple Mussic/Spotify>プレイリスト公開:放送翌日の12:00頃

 

<Twitter>サイン入りステッカーのプレゼント企画:1/19(水)21:00頃

 

■アフタートーク

<Youtube>アフタートーク公開:1/27(木)20:00頃 

※時間帯については、上記の時間より多少前後する可能性がございます。

ご了承くださいませ。

 

CITY CHILL CLUB 毎週月〜金曜日 27時00分〜29時00分 ミュージックセレクター:アーティストやクリエイターがひと月ごとに曜日を担当

 

【番組HP】https://www.tbsradio.jp/chill

2022年1月15日(土)にTOKIO TOKYO(渋谷)にて開催される Monenaiのリリースパーティーに大比良瑞希が参加決定!

東京のストリートシーンのニューカマー、5人組オルタナティブソウルバンド Monenaiの12月15日にデジタル・リリースされる初のフルアルバム『Youth』のリリースを記念して、2022年1月15日(土)にTOKIO TOKYO(渋谷)にて開催されるリリースパーティーに大比良瑞希が参加させて頂きます!

 

 

 

 

Monenai Presents
1st Album ”Youth” Release Party
MODERN MULTI SOUL

2022.1.15 SAT
TOKIO TOKYO (SHIBUYA)
OPEN 17:30 START 18:00
ADV \2,500- / DOOR \3,000-

 

チケット販売はこちら

<ACT>

 

チケット販売はこちら
https://hype-ticket.stores.jp/items/61642e1bc12096178f736513

 

Monenai

大比良瑞希
AFRO PARKER

<DJ>
pontaro

<FOOD>
OKAZAKI CURRY

 

11月1日(月) 渋谷に新しくできたTOKIO TOKYOにて大比良瑞希 × 熊井吾郎 × MASSAN×BASHIRY × XY GENE のスペシャル4マンイベント「 #NIGHT TOKYO 」決定!

11月1日(月) 渋谷に新しくできたTOKIO TOKYOにて大比良瑞希 × 熊井吾郎 × MASSAN×BASHIRY × XY GENE のスペシャル4マンイベント「 #NIGHT TOKYO 」開催決定!

 

 

11/1(月) 、渋谷に新しくできたTOKIO TOKYOにて行う「 #NIGHT TOKYO 」へ大比良瑞希の出演が決定!

出演は
大比良瑞希 @mimimizukin
熊井吾郎 @KUMAI_GORO
MASSAN×BASHIRY @MASSANBASHIRYtw
XY GENE @0501gene

チケット販売はこちら
https://hype-ticket.stores.jp/items/61642e1bc12096178f736513

 

日程2021/11/01(月)

会場 渋谷 TOKIO TOKYO

公演名 NIGHT TOKYO

出演者 大比良瑞希 / 熊井吾郎 / MASSAN×BASHIRY / XY GENE

チケット Adv. ¥3,500/Door¥4,000 +1Drink(¥400)

大比良瑞希: 盟友showmoreからプロデュースに井上惇志、作詞に根津まなみを迎えた究極のLOVE SONG『How many』!本日、10月13日にいよいよデジタル・リリース!

大比良瑞希、2021年、第4弾シングルは盟友showmoreからプロデュースに井上惇志、作詞に根津まなみを迎えた究極のLOVE SONG!

エレキを爪弾きながら至上の愛を描き出すオルタナティヴなソウル・チューン『How many』! 本日、10月13日にいよいよデジタル・リリース!

『遠回り』『ダージリン』『HOLIDAY』に続き、早くも配信される大比良瑞希、2021年第4弾シングルはこれまでも大比良バンドの一員としてライヴやレコーディングにも参加してくれている盟友、showmoreの井上惇志をプロデューサーに迎え、同じく2ndアルバム収録『RESCUE』以来再びshowmoreの根津まなみが作詞を手掛けた究極のLOVE SONG 『How many』!!

切なくアダルトな女性の心情を描かせたら右に出るもののいない根津まなみの手による歌詞に、井上惇志が奏でるエモーショナルな鍵盤と大比良の爪弾くエレキギターがせめぎ合う極上のグルーヴが化学変化をおこし、スウィートでメロウな女心、至上の愛を描き出すオルタナティヴなソウル・チューン!

全ての恋人たちに贈る2021年、究極のオータム・ソング『How many』、ここに誕生!

 

 大比良瑞希がこの秋におくる2021年第4弾シングル『How many』は先日、およそ2年ぶりとなる待望の3rdアルバム『seek』を10月6日にリリースし3年半ぶりの全国ツァーがインフォームされ話題のshowmoreから、これまでも大比良バンドの一員としてライヴやレコーディングにも参加してくれている盟友、井上惇志をプロデューサーに迎え、2ndアルバム『IN ANY WAY』収録『RESCUE』以来再び参加のshowmore根津まなみが作詞を手掛けた、これからの季節にピッタリの究極のLOVE SONG!

 切なくもアダルトな女性の心情を描かせたら右に出るもののいない根津まなみの手による歌詞に、井上惇志による極上のアレンジが化学変化を生み出し、スウィートでメロウな女心、至上の愛を描き出すオルタナティヴなソウル・チューンに仕上がっている。

 エモーショナルなそのトラックは大比良バンドを始めSIRUP、Shin Sakiura、変態紳士クラブ等もサポートする井上惇志が奏でる研ぎ澄まされた鍵盤によるアンサンブル、そして大比良の2ndアルバム『IN ANY WAY』収録の『Real Love(熊井吾郎Remix)』 を手掛け、KREVAのバックDJも務めるトラックメイカー熊井吾郎が組んだビート、更に大比良本人が爪弾く硬質なエレキギターの響きが三位一体となり、得も言われぬ心地よいハイブリッドでアーバンなグルーヴを生み出すことに成功している。

 2021年の大比良瑞希はWOMANをキーワードに作品を作り続けており、今回はこれまでの作品の中でもより女性的な世界観が濃厚で、ヴォーカル・スタイルも従来の楽曲とは趣を異にした微熱交じりの気怠い唱法+ラップ的、ウィスパー的なアプローチに挑戦しており、こちらにも注目して欲しい!。

 またジャケは『遠回り』『ダージリン』『HOLIDAY』のぬいぐるみ路線に続き、今回は悩まし気な視線を向けながら横たわるピンクの仔猫のぬいぐるみを起用!

 この独特の存在感を有したとても印象的なぬいぐるみは、そのインスタグラムが内外のアーティストを中心に話題となり俄然注目を集める新進気鋭のぬいぐるみ作家、Nuiguruの手によるオリジナルの作品を使用している。独学でぬいぐるみ制作をはじめ、オリジナルのデザイン画から全て彼女一人の手作業のみでクリエイトされたというとてもフェミニンな、むしろ人間よりも俄然人間味を有したそのアンニュイな表情が『How many』のオルタナティヴ・ソウルなグルーヴとスウィートでメロウな女心の機微に、更なる余韻を与えることに成功している。

 デザインはアルバム 『IN ANY WAY』と同じく、スチャダラパー、NONA REEVES、ASA-CHANG & 巡礼、ナツ・サマー、一十三十一らのカヴァー・アートやマーチャンダイズを手がける田口 陵(CIDER INC.)による。

 

 

◆井上惇志(showmore):コメント

「恵比寿BATICAで初めて見た時の、エレキギターをかき鳴らし颯爽と去っていく姿が数年経った今も焼き付いている。

大比良瑞希にはストレートなギターリフでストレートなラブソングを歌って欲しかった。

ずっと願っていたプロデュースが叶いました。デカい音で聴いてくれ!」

 

◆根津まなみ(showmore):コメント

「私には歌えない言葉を受け止めてくれるのが彼女のメロディーであり、歌であり、またこうして関わることが出来光栄です。

こんなにかわいい大比良瑞希もイイのでは?」

 

◆大比良瑞希:コメント

「showmoreの井上さん根津さんタッグをお招きして、今までで一番まっすくでラブリーな一曲が完成しました。

歌詞の中の”ありったけのラブ”という言葉が、こんな時代だからこそ一層私自身刺さっていて、今一人一人がもう一度、純粋な”ありったけのラブ”を取り戻せたらいいなと思っています。

毎日の繰り返しも、あなたといる時間も、永遠ではないことを忘れずに、少し切ない大人のキュートな”触れる”を味わって もらえたら嬉しいです。」

 

■大比良瑞希『How many』:配信

URL: https://orcd.co/howmany

 

■『How many』クレジット

作詞:根津まなみ 作曲:井上惇志

編曲:大比良瑞希、井上惇志

 

Produce & Arrangement by 井上惇志

 

Rhodes, Synthesizer, Synth Bass, Programming : 井上惇志

Drum Programming : 熊井吾郎

 

Guitar & Vocal : 大比良瑞希

 

Recording & Mixing : 向啓介

Recorded at Setagaya REC Studio

 

Mastered by 木村健太郎 at KIMKEN STUDIO

 

 

<showmore>プロフィール

 

ヴォーカリスト根津まなみとキーボーディスト/プロデューサー井上惇志の2人によるユニット。

バンド時代を経て2017年9月より現体制で再始動し、直後にリリースした楽曲「circus」がノン プロモーションにも関わらず一躍話題となる。

2018年5月に1stアルバム「overnight」、2019 年12月に2ndアルバム「too close to know」をリリース。

独自の詩世界と歌唱、JazzやR&Bをベースに様々な音楽を取り込んで表現する唯一無二のポッ プネスで独自の立ち位置を確立する。

根津まなみはシンガーソングライターとしてソロでも活動し、2017年公開の映画『蝶の眠り』 (主演:中山美穂)では自身の楽曲「朝焼けの中で」がテーマ曲として起用される。

井上惇志はキーボーディストとして数々のアーティストをサポートし、SIRUP、BASI、Shin Sakiura、ZIN、大比良瑞希、変態紳士クラブ、児玉奈央、s**t kingz、MASSAN x BASHIRY、 awesome city clubなどその活躍は多岐にわたる。

10月6日におよそ2年ぶりとなる3rdアルバム『seek』がリリースされ3年半ぶりの全国ツァーを敢行。

東京発音楽ユニット、am8(エーエム・エイト)久々の新作『Scala ft. 大比良瑞希 + KIKI TAM』が本日より配信スタート!リリックビデオも同時リリース!

 am8久々の新作『Scala ft. 大比良瑞希 + KIKI TAM』は、日本の実力派シンガーソングライター大比良瑞希による 感情と情景を表現したボーカルと、香港で活躍する女子シンガー/ラッパー、KIKI TAMによるスペシャルなラップ をトースティングした東京×香港が織りなす、世界へ向けた鎮魂歌。本日より配信スタート!りリリックビデオも同時公開。

 

 昨年末デビューアルバム「iDoM」をリリースしたam8。アナログレコードや連続配信、個性的なフィーチャリング シンガーを起用するなど、

独自のクリエイティブアクションを起こしてきた彼ら。2021年は5月より「am8 killed by」シリーズと称して、数々のアーティスト&クリエイターによってサウンドを再構築されたものを発表してきた が、ついに新しい楽曲をリリースする。

 am8特有の芸術的かつ耽美なサウンドに加え、今回リリックを書きろしてくれたのは、数々のクリエイティブプロデ ュースやD J・作家としても活動が目覚ましいカワムラユキ。

 崇高で暗喩的なカワムラ氏の歌詞を歌うのは、有機的かつ印象強い歌声に定評のある大比良瑞希。

 さらに加えて広東語MIXのラップパフォーマンスは香港からKIKI TAMが参加している。

 大比良が歌う日本からみた世界の情景、そしてKIKI TAMが香港からみた世界の情景。まるで今の世界情勢への憂い へと繋がるような、そんな濃厚な内容をこの1曲の中に内包した作品となっている。

 また香港サイドのプロデュースでは、日本のT V番組「すすぬ!電波少年」で馴染み深いチューヤン氏がクリエイテ ィブプロデューサーとして友情参画。

 かくも膨大な情報量を詰め込んだ新曲「Scala」は、2021年の世の中にam8が繰り出す渾身のカウンターパンチと して結実。 Scala(スケールや階段の意味)を越える最新のダウンビートチューンに刮目相待して欲しい。

 また、同日公開された比良瑞希、KIKI TAMの2人も出演したリリックビデオにも注目してほしい。

そして、10/1(金)には大比良瑞希、カワムラユキ、チューヤンによる対談形式のインタビューがnote https://note.com/am8_official/ に掲載される。

 なお、この楽曲は10/20(水)にAlfa Beta Recordsより、7インチシングルとしてフィジカルリリースされる。

 

『Scala ft. 大比良瑞希 + KIKI TAM』配信リンク https://friendship.lnk.to/Scala

『Scala ft. 大比良瑞希 + KIKI TAM』MVリンク https://www.youtube.com/watch?v=AJbtjnB98vA

 

●フィーチャリングボーカル 大比良瑞希 コメント 『強さと弱さを両方もった、凍てつく夜明け前のような美しい一曲が完成しました。 不安で窮屈な瞬間が重なる時代が続いていますが、この曲が少しでもそんな時を包み込める存在になれたら嬉しいです』

 

●フィーチャリングラッパー KIKI TAM コメント『 夜明け前の闇はいつもに増してどんよりと暗く感じ、私たちは恐れ、心配し、そして絶望的な気持ちになっていま す。 この唄を聴いた人たちが、希望を蘇らせて、現状に対して歯を食いしばって我慢し、ふたたびやってくる夜を生き抜 いてくれる事を祈っています。そして、あらたな光が射す日々が戻って来ることを信じて。』

 

【KIKI TAM プロフィール】 香港の女子ラッパー、女優、番組MC。中国人気番組《The Rap of China》を参加でブレイク。 映画《奇幻夜》《香港大師》を主演。多くのCM やテレビ番組に出演のあと、知名度も急速に上がっていった。 香港のマスコミから「My Favourite Online KOL」と呼ばれている。

 

●作詞家 カワムラユキ コメント 『数えきれないほどの痛みと哀しみが、争いと共に時代を駆け抜け、いつの間に記憶と景色の中へと、深い闇を刻みこ んでしまう。 国境や時空を越えて、どのようにして精神へと繋がってゆこう? そんな想いで綴りました。』

 

 【カワムラユキ プロフィール】 渋谷拠点の選曲家/作家/作詞家/プロデューサー。 バレアリックやチルアウトを軸に渋谷区役所の館内BGM選曲や、オープンワールドRPG「CYBERPUNK 2077」楽 曲プロデュースなどを担当。 作家としては幻冬舎Plusにて音楽エッセイ「渋谷で君を待つ間に」を隔週連載中。音楽家としての最新リリースは Ibiza島のレジェンド、故Jose Padillaに捧ぐ「R.I.P. Sunset」を、自身が運営するミュージック・ブランド&レーベ ル「OIRAN MUSIC」よりリリース。 DJとしての感覚を活かした空間演出やアートディレクター、イベントのプロデューサーとしても活動中。 タイミングと縁に従うまま「言葉」「音楽」「景色」を日々繋ぎ続けている。

 

<アーティスト・インフォメーション> 「am8(エーエム・エイト)」

2020 年、突如としてストリーミングサービスにアップされた音楽ユニット、それが am8。 「art と musicを無限大㱣に」を活動コンセプトに掲げるこのプロジェクトは、サブスクシーンにおいてデビュー曲 「Florian ft. HANA+Kaori Takeda」でいきなりのインパクトを与えた。 その後、シティポップのフィーリングを持ち合わせたアンセムチューン「Hatsukoi ft. HANA」は、Spotify にて日 本語バージョン、英語バージョンを合わせ現時点で 20 万回再生を突破している。 2020 年発売のファーストアルバム「iDoM(アイドム)」のラスト曲「iDoM ft. XAI」の完全版「iDoM-full[1]ft.XAI」を 2021 年 1 月に7インチ&デジタルでリリース。更に 5 月には「iDoM」収録楽曲を数々のアーティスト &クリエイターに再構築されたリミックスを「am8 killed by」シリーズと称し、次々リリースするなど精力的な活 動を展開中。 本作はHIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデ ジタルリリースをサポートしている。

 

Instagram:https://www.instagram.com/am8_official2020/?hl=ja Twitter : https://twitter.com/am8__

official YouTube official channel : https://www.youtube.com/channel/UCQO1aT-1c0mj0HPyWFJh5Lw

note https://note.com/am8_

official/ 【FRIENDSHIP.】 https://friendship.mu

10月28日(木)【観覧+配信】青山 月見ル君想フ17周年記念公演『HONEBONE × 大比良瑞希』が開催決定!

青山 月見ル君想フの17周年記念公演にて待望の2マン『HONEBONE × 大比良瑞希』がいよいよ開催決定!

出演 HONEBONE / 大比良瑞希 

会場  青山 月見ル君想フ | MoonRomantic

日時 2021.10.28(木) 開場 / 18:00 開演・配信開始 / 18:30

 

青山 月見ル君想フ | MoonRomantic

EMAIL | info@moonromantic.com

TEL | 03-5474-8115

www.moonromantic.com

​東京都港区南青山4-9-1 B1F

 

 

TICKET

 

■会場チケット

 

前売り ¥ 3,000  ( 75名限定)  | 当日¥3,500 +1D ¥600

予約URL 

https://eplus.jp/sf/detail/3489460001-P0030001 

※整理番号順入場
チケット申し込みの際に発行される番号順の入場です。
開場時刻の【15分前】以降に会場前までお越し下さい。それより前の時間帯は会場前でお待ち頂けませんのであらかじめご了承ください。

 

■配信チケット ¥ 2,000

URL  

https://eplus.jp/sf/detail/3489450001-P0030001 ( 9/10 10:00より予約開始)
アーカイブ:1週間(11/3 23:59まで)

【ご来場チケット販売について】 ご来場チケットは人数制限がございます。規定枚数に達し次第終了となりますので、お早めのご購入をおすすめいたします。

一度お支払いいただいたチケット及び投げ銭は、中止などの場合を除き、お客様都合による払い戻しは致しません。

 

【ご来場の際の注意点】 ご来場の際の注意点をお読みいただいた上、アンケートフォームに必ずお答えください。

新型コロナウィルス感染拡大防止ご来場の際の注意点

https://www.moonromantic.com/post/notice

ご来場者様用アンケートフォーム

https://forms.gle/yXhmcvdnNBpeNFY59

 

公演に関するお問い合わせ : 03-5474-8115

 

HONEBONE

 

EMILY(ヴォーカル)とKAWAGUCHI(アコースティックギター)のフォークデュオ。

 

東京・高円寺で地元の友人同士のバンドを結成、2014年より2人組としての活動を開始。

ギターと歌のみのスタイルで、老若男女が集うLIVEは笑いあり涙あり。

「ネガティブなのにスカッとする」と評判を呼び、各地でチケット完売が続出。

 

2018年にインディーズバンドとしては異例の冠番組『骨の髄まで歌います』がNHK BSプレミアムで放送され、その後レギュラー番組となる。

2021年公開の品川庄司・品川ヒロシ監督の新作映画『リスタート』にEMILYが主演として抜擢。

​劇中音楽・主題歌もHONEBONEが担当。